忍者ブログ
KAFTIのblogです。
[176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、フィリピンです。
引っ越してすぐに、片付けも済ませられないまま、飛び出してきてしまいました…
相変わらずな私です…

ずっと、心に苦しく横たわっているのは、
昨年末に始まった、イスラエル軍の攻撃。
引越し準備をしながら、暗い気持ちでの年明け、そして、それでも
一日は一日として、時間はいつもどおり過ぎてゆく。
何かをしても、
何もしなくても。

自分に何ができるのか?
たとえ何もできなくても、落ち込んでるヒマがあったら、考えよう。
なんでもいい、思いつくこと・できること、ひとつでもふたつでも。

フィリピンの山奥で活動している身としては、
ひとつ小さなことを作り上げるのにも、たくさんの時間とエネルギーを
使うことを日々、痛感しながら暮らしている。
そんな “暮らし” を一瞬で破壊する軍隊。
なぜ?
どうして?
どこまでも打ちのめす空爆…

対話が有効になるような社会へは、
私たちひとりひとりの 「成熟」 が、必要になるだろう。
粘り強く、違う立場・考えの人々と共通点を探し出せる、
そういう姿勢を人として、国として、持てるのはいつになるのか…

でも、あきらめない。
どんなにゆっくりとした歩みでも、あきらめなければ可能性があるから。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
『新自由主義』批判
 「新自由主義」による拝金主義は下層の汗まで吸い上げようとする金融虚業(返済能力のない下層にまで無理矢理カネを貸す)であった。そして、この虚業を基盤とした大企業による収益増大行動は壮絶な社会的差別を繰り返し、年末年始の「派遣村」として表面化した。  この「派遣村」と『カムイ伝』(白土三平の劇画)の重なりを表現する早野透氏(朝日新聞1月26日付け朝刊「ポリティカにっぽん」)や田中優子氏(朝日新聞1月28日付け朝刊「ひと」)がいる。最も底辺にいる被差別民がここに出てくる。  そして、この被差別民に対して「自己...
WEBLINK[URL] 【2009/01/30 11:33】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(02/15)
(02/11)
(02/05)
(02/03)
(01/29)
プロフィール
HN:
なみちん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事