忍者ブログ
KAFTIのblogです。
[55] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]
これは、世界中で森を創り、増やし続けている宮脇昭氏の物語。
その土地にもともと生えていたはずの、潜在自然植生というものを見極め、本来の、
本物の森創りを進めている人だ。

徹底的に現場を重視し調査するところは、本当に恐ろしいほど徹底していて、
私なんて本当にあまっちょろい…(別に人それぞれの生き方・やり方があるから
比べなくていいんだけど、とにかくあんまりにもキョーレツですごいので、
人間の可能性の限りなさを感じた)

この時代だからこそ、家族を省みないのに結婚していたりして、妻となった人は
犠牲者としか思えないが(きっと今の時代なら、そういう人は結婚しなくていいだろうし、
誰のことも犠牲にしなくて済んだろうに…)その妻も、社会のために働いているのだから、
と大きな視野で宮脇氏のことを見つめている。
ううむ…。

私もフィリピンで、その土地に元々生えている木を植える植林に関わっているので、
宮脇氏の本にはいろいろと学ぶことが多くて元気が出る。
ひとりでもやればいい、続ければ道は開ける、というのを実践している人だ。

宮脇氏のドイツの師である、ラインホルト・チュクセン氏の言葉がとてもいい。
『ふたつのタイプの人間がいる。ひとつは見えるものしか見ようとしない者。
もうひとつは見えないものを見ようと努力する者』
もちろん後者でありたいと思う私です。


『魂の森を行け 3000万本の木を植えた男の物語』
一志治夫 著
集英社 1400+税
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(02/15)
(02/11)
(02/05)
(02/03)
(01/29)
プロフィール
HN:
なみちん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事