忍者ブログ
KAFTIのblogです。
[259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249]
昨年末の、ある日のご注文ノートより。

ティナラク織の美しさは、大きな布のまま見ていただいた方が伝わる、
と思っている。
不思議なことに、近くで見るときと遠くで見るのでは、
柄の持つ雰囲気が変わるのだ。
だから、多少無理をしても展示会を開いて、大きな布を見ていただける機会を、
毎年なんとか作ってきた。

何百年も続いた歴史と、3ヶ月かけて紡がれた織物。
それを生活の一部に取り入れてもらえたら…
そんな私の気持ちに、昔からの友人であり人生のセンパイであるMT さんが、
おうちにある革のソファに合うカバーとクッションカバーを、と
ご注文くださった。
しかも私のセンスにすべてお任せ、という大胆さ。

最大の幅でも 65cm くらいのティナラク織では、そのソファの背もたれ部分の
カバーにするには足りない…
ティナラク織を2枚つなぐか、
別の布を足すか、
ソファの地の革を生かす工夫をするか…
ず~っとず~っと悩んでるうちになんと1年が経ってしまった…
(言い訳をすれば、その間、ミシンが壊れてできなかったり、
急の引越しが入ったり、具合が悪くなって寝たきりになったり、
もらったミシンが使えないものだったり、と
いろいろあったのだけど… (笑)

できあがったカバーは、どれも布の美しさ、つややかさの生きる、
織りの良さが伝わるものになって、大満足!
大きな布のまま使っていただける形へと、喜びながら作ることができ、
とっても楽しく幸せな時間を過ごした。
始めの色柄選びの楽しさ、形作っていく楽しさ、大きなものを作り上げた達成感…
でも、MT さんが気に入ってくださるかは…??

不安と期待を胸に、お届け…
ありゃ?? とビックリなことに、大きい方のソファのカバーは大きすぎ…
(私はどこを計ったのだろう??)
でも「大は小を兼ねる」とフォローしてくださるMT さん。
そして、彼女のいい香りのする木の家と、黒い革のソファと
ぴったりの雰囲気に納まった、ティナラク織。
まるで前からずっとそこにあったよう… と言ってもらえ、
気に入ってもらえました!!
わーいわーい。
サイズその他の関係で、留める部分は次回にお直し、となりつつも、
彼女のおうちの一員に。
織りの手触り、色や柄を毎日楽しんでくれるはず。
すご~~く嬉しくて嬉しくて… 今後も、おうちのインテリアなどに
取り入れてもらえることを、強く願ったある夜のお話でした。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
(02/15)
(02/11)
(02/05)
(02/03)
(01/29)
プロフィール
HN:
なみちん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事